(特活)CFFです。07夏CFFアルゼンチンワークキャンプ始まります!! 


by cff_argentina_wc

カテゴリ:アルゼンチン情報( 3 )

2007夏アルゼンチンワークキャンプの報告会が開催されました。

みんなそれぞれの学びをシェアしあったよ。

ご参加いただいたみなさまありがとうございます。

これからも次年度に向けてがんばっていきますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by cff_argentina_wc | 2007-12-07 13:01 | アルゼンチン情報

イグアスの滝


ワークキャンプのプログラム中に訪問する予定になっているイグアスの滝ってどんなところなの??ご紹介しますね。

イグアスの滝(イグアスのたき)とは、南米大陸のアルゼンチン、ブラジルの二国にまたがる、世界三大瀑布の一つ。イグアス川の下流にある。この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は、ともにユネスコ世界遺産に登録されている。最大落差80メートル以上。「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo)が有名な観光名所である。歩いても船でもヘリコプターでも観光できる。イグアス(Iguazu)とは先住民の言葉で大いなる水(Y uazú)という意味。

イグアスの滝は 最大落差80メートル、滝幅4kmで ブラジル・アルゼンチン・パラグアイの3ヶ国にまたがって いる。 イグアス【IGUAZ】とは 原住民のグアラニー族の言葉で 水【IGU】 すばらしい【AZU】となる。
イグアスの滝は1984年にアルゼンチン側がユネスコ世界遺産に登録された。 1986年にはブラジル側もユネスコ世界遺産に登録された。 同じイグアスの滝なのになぜ、ブラジル側とアルゼンチン側があるかというと 滝があるイグアス川【 RIO IGUAZU 】によって、ブラジルとアルゼンチンの 国境が分かれているからだ。
アルゼンチン側から悪魔ののどぶえをはじめとして 滝をかなり間近でみることができるのが特徴。 ブラジル側からは滝幅の広さなどの広大さを堪能できる。

ほんと素敵な場所ですよ。

f0140589_22563059.jpg


写真:イグアスの滝
[PR]
by cff_argentina_wc | 2007-06-12 22:52 | アルゼンチン情報

ワークキャンプが開催されるアルゼンチン共和国ってどんな国??
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは南米のパリともいわれているんですよ。

アルゼンチン共和国についてご紹介します。

○基礎データ編
 首都―ブエノスアイレス(=良い天気)温暖湿潤気候

 独立当時は小さな町だったが、サルミエントによる欧州化・文明化政策の実施移行数多くの移民がイタリア、スペインなどから渡来。中南米の中でも最も欧州的な街になった。かの有名なアルゼンチンタンゴはこの街のボカ地区で発祥。サッカーが盛んなことでも有名。

面積―いろいろ含めると日本の10倍くらい。アメリカの1/3。世界8位。

人口―欧州系(スペイン、イタリア)97%、その他3% 人種のるつぼ。世界31位
    イタリア系統の荒い言葉遣いが現在のアルゼンチン人全体の性格に受け継がれる。そのため、アルゼンチンのスペイン語にはイタリア語の影響が強く見られ、その独特の抑揚から「スペイン語の中でもっともセクシー」との呼び声も高い。 これまで白人国家と言われていたが、純粋な南欧系と比較すると小柄で、風貌も若干異なる人が少なくないことから、先住民系の血も少なからず受け継がれていることがわかる。

言語―スペイン語
   宗教―カトリック(92%)
   独立―1816年にスペインから独立
   日本との時差-12時間日本より遅い
   通貨―ペソ

識字率―95%。教育は全て無料。質が高い。

食文化―日本では殆ど知られていないが、大畜産国として発展の基礎を築いただけあって、肉料理などを中心に充実した食文化の歴史がある。その一例として、多くのイタリア移民が持ち込んだパスタ類や、菓子類等もバラエティに富んでいる。
魚は、大きなスーパーや中国人街以外では、鱈か鮭くらいしかない。肉料理は多彩であり特にサーロインステーキ、ソーセージや臓物も含んだ焼肉の盛り合わせであるパリージャは有名。また、世界有数のワイン生産国。肉料理が多いことから、赤ワインが特に多く、品質も優れている。

みなさんも地球の裏側アルゼンチンでワークキャンプに参加しませんか??

f0140589_22434177.jpg

写真:首都ブエノスアイレスにて
[PR]
by cff_argentina_wc | 2007-06-12 22:44 | アルゼンチン情報